手を使うことが脳トレに!?

西原 彩(にしはら さやか)
ありがとうと思った人の数2

こんにちは!

『あたまナビ』ナビゲーター西原です。

皆さんは、教科書を読むだけでなく、教科書をノートに写したほうが覚えられた!という経験はありませんか?

 

どうしてノートに写したほうが覚えられるのでしょうか・・・?
実は、その秘密は「手を動かす」ことにあるんです。

というわけで、今回は手の動きと脳の関係について迫ってみたいと思います!

手を動かすことは脳を働かせることと繋がっている!?

「手を動かすと脳がよくはたらく」という話がありますが、
この話の由来についてひも解くと、1930年代にカナダで行われたある研究にたどり着きます。

脳は実に不思議な臓器で、脳を包む膜や筋肉、皮膚は痛みを感じることはありません。
体の一部のはずなのに、痛みを感じないなんてびっくりですよね。
そんな脳の特性を利用して、勇気ある患者さんからの協力を得て、実際にワイルダー・ベンフィールドさんが実験を試みた結果、カナダの脳神経外科医ワイルダー・ベンフィールドさんは、ある実験を試みました。

それは、局所麻酔で患者さんが意識のある状態で脳の外科手術を行い、脳のいろいろな場所を電気刺激したときの反応を観察するというものでした。

少し鳥肌が立つような実験ですよね・・・。
私は誘われても、絶対に受けたくないです(笑)

実際にワイルダー・ベンフィールドさんが勇気ある患者さんに実験を試みた結果、患者さんは、脳のてっぺんを刺激すると「腰や足を刺激されている」と感じ、脳の他の部分を刺激すると今度は「手を刺激されている」と感じると反応しました。

実験を進めていくうえで、患者さんが「手を刺激されている」と感じた部分が広かったことから、「手を動かせば脳がより活性化されるのではないか」という考えが広まったようです。

 

ただ現代の医学では、今のところ、単なる手の動きに対応して活性化されるのは脳の一部とされています。

そのため、脳を全体的に鍛えるには、複雑な指の動きを伴う楽器演奏を行ったり、アイデアや段取りが必要な絵画や料理など前頭前野を働かせる活動で
手を動かしたりしながら、
脳の様々な領域の活性化を促すことが重要
です。

 

また、手を使う作業はもちろん、全身をくまなく使うような活動も積極的に日常に取り入れ、イキイキとした生活を送ることが大切といえるでしょう。

編集後記

何となく教科書をノートに写していたけど、しっかり意味があったんだね!
そうですね。あと、仕事内でもパソコンやスマートフォンを使うと 同時にしっかりとノートを活用することも脳のためには大切ですね!
よし!気合い入れて新しいノート買いに行こっと!
ついでに私の分も宜しくお願いします~♪

この記事が役に立った・
ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをクリック!

ありがとう ありがとう

ありがとうと思った人の数2

西原 彩(にしはら さやか)

大阪出身/奈良在住の「ザ・関西人」で健康番組/クイズ番組が大好き。大学で学んだ心身の健康学や栄養学を活かしながら『あたまナビ』ナビゲーターとして活躍中。
何事にも負けず嫌いな性格から、「あとだしジャンケンゲーム」で最高記録を出すことに没頭中。