• あたまナビ
  • 飲酒で意識をなくすブラックアウトの理由とリスク

あなたはお酒を飲むのが好きですか?コロナ禍で自粛ルールが導入されている中でも、自宅で友人や会社の仲間とオンライン飲み会を行う人が多いようです。その様な時間は楽しいひと時となりますが、ついつい飲みすぎて意識をなくしてしまったという経験はありますか?

飲酒時に意識を失うことを「ブラックアウト(一時的記憶喪失)」といいます。これはとても危険な状態で、単なる「お酒の失敗」や「若い頃にはよくあることだ」と軽く考えて良いものではありません。ではなぜ、そのような状態になってしまうのでしょうか。また、頻繁に繰り返すことで、脳にどのような影響を与えるのでしょうか?

1.飲酒によるブラックアウトが起きる理由

米国立アルコール乱用依存症研究所(NIAAA)によると、ブラックアウトとは「日常的な出来事の記録を記憶として留める脳の海馬が、アルコールによって機能しなくなるために起きる現象」と説明されていました。
ブラックアウトには種類があります。それは「部分的なブラックアウト」と「完全なブラックアウト」の2つです。部分的なブラックアウトは“記憶の一部分が消えていて思い出せない状態”のことで、残っている記憶の断片なら思い出すことができます。しかし、完全なブラックアウトは“数時間分の記憶を完全に思い出せない状態”なのです。そもそも情報が脳に記録されていないので、普通は思い出すことができませんよね。

飲酒している人の血中アルコール濃度が急上昇して高い数値に達すると、ブラックアウトが起きやすくなるといわれており、血中のアルコール濃度が0.5%になると脳全体が麻痺し危険な状態になります。これは思っていたよりも少ない数値で驚きかもしれません。空腹状態で一気飲みしたり、短時間で大量のアルコールを摂取したりするのはブラックアウトを起こしやすくなるため避けた方が良いでしょう。

米国立アルコール乱用依存症研究所(NIAAA)の研究によると、体重の軽い人や女性はブラックアウトになりやすいそうです。これは体の中の水分が少ないため、アルコール濃度が早く上昇するためと考えられています。さらに、ブラックアウトしやすい人とそうでない人には遺伝的な原因がある可能性も指摘されていました。飲酒と同時に喫煙する人も要注意です。

もしこれらの条件に当てはまらないにしても、潜在的にブラックアウトしやすい体質だということもあり得ます。そのため「自分には関係ない」「別に問題ない」と考えないようにした方が良いかもしれません。

 

2.リスクと危険性

健康面ではどのようなリスクや危険性があるでしょうか?

何と言っても「急性アルコール中毒」の危険性があります。ブラックアウトするだけではなく失禁しやすくなったり、脳の呼吸中枢が正常に働かなくなったりします。最悪の場合は死に至ることもあるので注意が必要です。そのような状態からアルコール依存症になり、自分で飲酒する量をコントロールできなくなってしまうこともあります。

 

3.将来脳の状態に影響する?

ブラックアウトを頻繁に起こしていると、脳に影響はあるのでしょうか。まず脳が萎縮し意識障害などが起きる「ウェルニッケ脳症」の原因は、アルコールの大量摂取だといわれています。また、お酒と認知症の直接的な関係は実証されていないようですが、海馬の記憶回路が繰り返しアルコールの影響を受けると、脳へのダメージが蓄積されていき、それが認知症の入口になり得ると言われています。
記憶回路のダメージ以外では脳梗塞などの脳血管障害や、ビタミンB1欠乏による栄養障害などを起こして認知症になってしまう可能性があります。アルコールによる認知症以外にアルツハイマー型やレビー小体型の認知症と合併してしまうことがあり、そのような場合は改善が困難になってしまうため、危険です。

どちらにせよアルコールが脳に大きなダメージを与えることは確実ですので、将来のために若いうちから意識してアルコールの量をセーブすることが大切かもしれませんね。

 

4.まとめ

お酒が好きな人も、そうでない人もブラックアウトを起こしてしまう危険性があります。ですから、アルコールの摂取量を日頃からきちんと自分でコントロールすることが大切です。そうすれば認知症などの予防にも繋がり、歳をとっても健康的な脳をキープすることが出来るでしょう。すでにアルコールによって何らかの症状が頻繫に出ているという方は、迷わず医療機関に相談してみてください。
飲酒は生活の中で楽しみの時間でもあり、過度に怖がって全てを止めてしまう必要はありません。楽しみながらも、節度ある健康的な飲み方をしていきたいですね。

 

【参考文献】

飲みすぎて記憶がない……のは良くあること? – BBCニュース

急性アルコール中毒の怖さを知っていますか?イッキ飲みや無理強いは命にかかわることも! | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン (gov-online.go.jp)

飲み過ぎは認知症を誘発! 記憶を失うタイプは肝臓が過労死する恐れも:主治医の小部屋|テレ東プラス (tv-tokyo.co.jp)

アルコール性認知症とは | 認知症ねっと (ninchisho.net)

 

この記事が役に立った・
ためになったと思った方は、
ありがとうボタンをクリック!

ありがとう ありがとう

ありがとうと思った人の数21

米田真奈美